八女地区最大級246区画の霊園墓地!1㎡当たり10万円で好評分譲中!見学自由!お気軽にお越しください!

永代供養のご案内

永代供養のご案内

従来のお墓は、「家」を単位として、代々受け継がれることが前提でした。
しかし、現代では、核家族化が進み、また、居住地も同じ場所に留まる割合が減るなど、代々お墓を受け継いでいくことが難しくなってきています。
永代供養墓は、このようなお墓の問題を解消する新しいお墓のスタイルとして、広まりつつあります。

永代供養が必要な方
  • 夫婦だけのお墓がほしい、親族のお墓に入りたくない
  • 子供がいない親族の供養をお願いしたい
  • お布施等、費用のかかるお寺の檀家になりたくない
  • 後の管理者がいない、地域の納骨堂から出たい
  • 生前に没後の心配がないようにしたい

 このようなお悩みをお持ちの方へ「永代供養」をおすすめしております
 ※1霊の方には、合同永代供養墓(観音守護墓)10万円もございます


永代供養とは…

従来のお墓の場合、それがお寺にある場合であれ霊園にある場合であれ、そのお墓を承継する人が絶えれば、一定の期間や手続きを経ることによって、無縁墳墓として改葬されることになります。

ですから、お墓を承継することができない、承継する人がいないということがわかっている場合には、お墓を建てることを拒否される場合もありますし、お墓を建てることができても、いずれ無縁墓として処理されてしまうことになってしまいます。

このようなことになるのは、お墓の使用者にとっても大変辛いことですし、墓地の管理者にとっても望ましいことではありません。無縁墓が増えることは未収の管理費が増大することになり、将来の墓地の運営や管理に大きな支障が生じるため、やむなく改葬ということになるのです。
 
こうした現状の中、お墓の承継者がいなくても、その承継者に代わり、寺院や霊園の責任において永代に供養・管理をしていこうという考え方が生まれ、それが永代供養墓という形で全国的に実を結んできたわけです。

前述のような社会現象が強くなるにつれ、死後を安心して託すことのできる明確なシステムが徐々に確立してきました。

寺院が永代供養墓を開設する理由のほとんどは、宗教法人という社会的立場から、お墓の承継者のいない方、あるいは承継で悩む方々に、安心して死後を託してもらえるシステムを提供したいという願いから開設するというものです。

永代供養墓は、死後のこともさることながら、残りの人生を平安に充実して生きることのためにもあるわけです。

永代供養墓とは一般的に、承継者の有無に関係なく、寺院や霊園が永代にわたる供養・管理を約束するお墓のことで、生前にも申込みができるというものです。


永代供養の方法…

  • ご建立していただくお墓でお骨壷のまま一定期間(13年間~50年間)安置し、当霊園が責任をもって管理し、経営主体である「宗教法人 大東寺」が、毎年の春彼岸、お盆、秋彼岸に法要を行いご供養いたします。
  • 重ねて、永代供養帳(過去帳)に記載し、「宗教法人 大東寺」のご本堂に安置してお祀りいたします。(ご希望の方には、戒名を授与することもできます)
  • 期間終了後は、ご遺骨を合葬し霊園内の合祀墓にて永代にわたって大切にお守りし、合同法要を行いご供養いたします。(合祀墓に墓誌が刻印されます)


永代供養料は…

  • 永代供養料として、骨壷での安置期間により年間1万円(13万円~50万円)
  • 永代管理料として、墓地面積1㎡当たり年間2,500円(税別)
  • 期間終了後の合祀料として、5万円(税別)
    以上をお納めいただきます。※墓地墓石料金は別途

 (例えば・・・1㎡のお墓で13回忌後合祀の場合、
        永代供養料130,000円+永代管理料32,500円
        +合祀料50,000円=212,500円)
        となります。(管理料と合祀料には消費税が発生します)


詳細は、お問合せ、または現地スタッフ(℡:0943-37-1033)までお気軽にどうぞ。
 ↓
お問合せ

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional